エアーコンプレッサーのアカツキ電装

提案:コンプレッサーの省エネ、経費削減のお手伝い

エアーコンプレッサーのご使用状況に合わせて最適化を行い、コンプレッサーの省エネ、経費削減のお手伝いをさせていただきます

エアーコンプレッサーは、生産設備ではないためそのほとんどが事業所の片隅に置かれ電気・ガスのようにいつでも必要なだけ手に入るエネルギーという認識がありますが圧縮空気を作り出すためには、多大な動力が消費されております。

生産を維持するために少々のことでは停まっては困りますそのため熱くても重くても無理をしてでも使ってしまいます。

このことが動力消費を押し上げ、電気使用量の高騰などの問題を生み多くの改善が必要な機器の一つとなってしまいました。然しながら、エアーコンプレッサー周辺の見直し等でまだまだ省エネ・経費削減のための改善の可能性をもっています。

エアーコンプレッサーの省エネ、経費削減のポイント

エアーコンプレッサーは金食い虫・・容量の最適化がポイントです
用途に合ったエアーコンプレッサーをご使用ですか? 景気が良かった頃に、大きめ大きめで選んだエアーコンプレッサーを必要以上の容量のままで使用している
余分に空転させている?・・使用量の変動に対応する
一日中同じ量のエアをお使いですか? 午前中だけ多く、夜勤は半分に! この様な使用量の変動に、「大は小を兼ねる」で必要以上に運転させていませんか?
何年もメンテしていない?・・
「ウチのは、何年もメンテしていない(しないで済んでいる)良い機械だ」本当に良い機械でしょうか? 100%の能力を100%出して運転していたら、必ずメーカーが指定した時間以内で修理が必要になります。 50%の能力しか使っていないためメンテが不要なケースがあります メンテをなさらない代わりに、電気代で何倍もの経費がかかっている場合があります。

PAGE TOP

Page top icon